悪い男性も最初は優しい

2014年上半期に10代の女子から人気があったサイト

>>出会いひろばの詳細はこちら


絶対に個人情報が漏れないため信頼できる掲示板サイト

>>SWEET LINEの詳細はこちら


GPS機能を使って近所の相手を探すことができるサイト

>>愛カツの詳細はこちら


援助交際を行う男性の中には、どうしても悪い男性というのは存在します。
まだ態度が悪かったり、自分本位の男性であっても、お金をちゃんと払ってくれるのであれば問題はありません。
問題なのは、お金すら払わない極悪非道な男性なのです。
しかもこのような男性は、最初は優しく接しますから、つい女の子も騙されてしまうのです。
一見すると凄く優しそうな男性に見えて、女の子も安心して援助交際をするのですが、いざとなったらヤルだけヤって逃げてしまうのです。
しかも、逃げられれただけならまだしも、場合によっては女の子を監禁状態にしたり、暴行を加えるような男性までいるのです。
そうなれば、今度はお金だけでなく命の方まで脅かされることになるのです。
援助交際は、このように金銭的なリスクはもちろんですが、それ以上に大きなリスクを伴うものなのです。
まあ、報酬が大きい分、リスクが高いのは当たり前なのかもしれませんが、果たしてそれだけのリスクを背負ってでも、援助交際をやる価値はあるのでしょうか?

どれぐらいの期間援助交際を続けるのか

一度援助交際をした女の子は、その後どれぐらに期間援助交際を続けるのでしょうか。
もちろん、一度っきりで終わる女の子も多いのですが、一方で大金を稼げることに魅力を感じてしまい、その後も援助交際を継続する女の子もたくさんいるのです。
基本的に援助交際は、高校生が最も需要のある時期だと言えます。
逆に言えば、長くてもせいぜい3年ぐらいしか援助交際はできないと言えるわけです。
もちろん、18歳以上でも援助交際をしている女の子はいるのですが、18歳以上になるとよほど魅力を感じない限りは、需要の方も低くなってしまうのです。
18歳以上であれば、風俗で簡単にエッチができますから、わざわざ援助交際をする意味合いも薄れるのです。
そのため、援助交際を継続して行う女の子の場合は、半年から1年、長くて2年ぐらいのケースが大半だと言えます。
若い女の子は、お金に魅入られやすい一方で、飽きやすい傾向もあるので、ある程度長く援助交際を続けると飽きてしまって、それで援助交際を止めるケースが多いのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ